黄金時代―GOLDEN AGE―

世界を変える男の活動記録

わざわざ東京にする意味とは?

どうもこんにちは。
世界を変える男、河村ケンジロウです。



数日前、久しぶりに新宿に降り立った世界を変える男。新宿三丁目駅で降りて地上へ上がろうとするもまず出口が見つからない!



E1~Cのなんちゃらまで沢山出口がありますが、まずどの出口から出れば目的地に着くのか??少し迷いながら歩いていきました。



ようやくエレベーターを見つけて地上へ。
最後に新宿に来たのはもしかしたら半年以上前かもしれません。


建物も人もひしめき合っています。
何もかもが、もーぎゅうぎゅうです。

f:id:kawamura2419:20171218163014j:plain

色んな意味で寒い…(´`)



金曜日の夜、華金に来ちゃったもんだからそこら中人だらけです。これだけ人がいれば、片っぱしからナンパしたら一人ぐらい成功しそうです(怖いお兄さん出てきても困るので断念しましたが)。



そしてようやく目的地のビルに。新宿駅からすぐ近くのビルに入ってる飲み屋さんでのオフ会でした。



そしてここでもまた違和感が…。
店員さんの目が笑ってないΣ(´Д`;)



これは今回の飲み会に限った話ではないのですが、東京のお店に行くと店員さんの目が怖いなーと思うことが多いです。いつもそんな感じがします。




安いチェーンの居酒屋に限った話ではありません。今回のところも結構高かったのですが、値段を問わず東京に行くととにかく店員さんたちが心の中でイライラしてるのが伝わってきます。



「大学生が行くような店だからだ」なんて思ってる方がいればそれは間違いです。今回行ったところもそれなり?のところでしたし多分(笑)

とにかく店員さんの目をよーく見てください。みんながみんなイライラしてるとは言いませんが違和感に気づかない大人があまりにも多い気がします。そういう方々は長らく東京での生活に慣れてしまい感覚が麻痺してるのかもしれません。



また東京のお店は高い!(笑)



土地代がべらぼうにかかるので食事をするにも土地代が大幅に上乗せされます。 最近自由が丘周辺の土地を調べる機会がありましたが本当に信じられないほどの価格です。路面店なら月100万、保証金10ヶ月は当たり前(これだけで1000万)。




高い土地代ゆえの高価格なメニューとイライラしてる店員さんがいる中での食事…



もちろん飲み会自体はすごい楽しかったですし、交通の便を考えると新宿、渋谷あたりが集合場所になるのもやむを得ないのは分かります。



しかしこの東京を拠点に色々と人が動く日本の現状には不満を隠しきれません。田舎者の河村にはどうにもこの流れについていけません。


出来ることならもっと土地代が安くて広々としたところがいいでしょう。そして忙しくてもちゃんとした待遇をもらい元気に働いている店員さんがいるのが理想です。




東京の中心一極集中でなければこれらの問題は解決するのでしょうが…。

東京と地方の関係について考えました(小並感)




あまりまとまってないですが今日はこの辺で(笑)
ありがとうございましたm(__)m