黄金時代―GOLDEN AGE―

世界を変える男の活動記録

人種差別が気にもならない社会こそ未来の姿

どうもこんにちは。
世界を変える男、河村ケンジロウです。


巷では日本の民放でブラックフェイスを放映したことが問題になっています。


www.huffingtonpost.jp


これを放映するまでは誰も黒人差別のことなんて考えてもいなかったでしょう。

f:id:kawamura2419:20180108133015j:plain



ブラックフェイスというか普通にエディ・マーフィーのモノマネをしただけで何が問題なのか…。
(というか知らなかったので調べたらエディ・マーフィーってアメリカのアフリカ系の芸人さんなのか(;・∀・)汗)


別に河村もかみつくことではないのですが…(^_^;)

一応Facebookにもコメント流しましたがこんなことで一々議論をしていることが時間の無駄なのでやめた方がいいんじゃないかという提案でこの記事を書いています。


ずいぶん前にゲス不倫とかいう報道が流行り不倫問題がクローズアップされましたが、
結局あれも不倫に反応したい人があれこれ主張しているだけでした。興味のない人は自分には利害関係がないのだからわざわざ突っ込んでこないのです。人の不倫に口を出したい人は自分の何かほかに持っている不満をぶつけたいだけです。


あの放送を見て悲しんでいる黒人の方には申し訳ないが、「世界がこういう基準なんだからあんた達も合わせなさい」って(笑)
そりゃおかしいだろうと思います。まず日本人はこれらの議論をする時間が勿体ないからやめた方がいいと思います(これはあくまでも提案)。


差別の歴史がないからこういう表現方法もできるということは、むしろ日本が誇るべきことだと思います。もちろん日本人の中には黒人に対して差別意識を持っている方もいるかもしれません。しかし文化レベルでは河村の調べた限りでは人種差別はないはずです。

こうやって何でもかんでも規制すると結果的に自分たちが生きづらい社会になるだけです。そんな事例は今までに沢山あります。



これまで散々黒人の方を奴隷として扱ってきたアメリカが口を出す権利はありません。もちろんアメリカに限らずです。
まずは自国の人種差別問題を片づけてから議論してくださいと言いたい。

障害者差別の問題もそうですけど、やたら配慮しまくるのは意識してるからだと思います。



近い考えの方がいるので紹介↓

nowetwenty.com 

人種差別を気にしなくていい日本は素晴らしい。気にしないのが当たり前な社会は人種差別問題を抱える国の未来ではないでしょうか?


という訳でこの話はこれで終わり!(笑)
日本はグローバル化するところはしていいですが、自分たちの持っている強みを潰す必要はありません。
日本のいいところにはきちんと誇りを持ちましょう。


今日はこれだけ言えれば満足です(笑)
ありがとうございました( 一一)!