黄金時代―GOLDEN AGE―

世界を変える男の活動記録

過去記事を振り返るシリーズ第2回─開放されることへの恐怖を克服する

どうもこんにちは。
世界を変える男、河村ケンジロウです。



最近じわじわとブログのアクセスが伸びてまして。
6月も今日で終わりますが、先日でようやく4000PVを超えました\(^o^)/

一日に平均すると大体130人くらいの方に見ていただいている計算になります。
ありがたやありがたや…。




昔某ブロガーさんのところでお世話になりながらブログをやっていた時期がありますが、その頃の限界が一日約100人でした。一から再出発してその当時の記録を超えられたのは自分の中では大きな変化です。



一日に130人、多いときは200人ほど。

まだまだブロガーとしては駆け出しの河村ですが、まずこんなブログを200人も見ていることが驚き。





「世界を変える男、河村ケンジロウです」

冒頭のタイトルで「あ、こいつやべぇやつだ…」ってなって普通の人は出ていくでしょう(;´∀`)

まぁ出ていかない人がこれだけいてくれるのは嬉しいことであります。





河村はブログ内で何度も説明していますがこのブログの趣旨は、「世界を変えると言い続けて活動した結果、どういう結末が待っているのか?」という公開実験です。

宣言し続け行動し続けることで人は結果を残すことができるのか?
これまでは地方から世界を変えていくという方針でやってましたが色々頓挫してしまい今は地方と都市という垣根をなくして活動しています。


個人的には日本の地方の潜在的な活力についてずっと着目し続けていますが、自分の活動範囲が東京に移ってしまったため今では地方中心から少し離れています。




まぁそんなこんなで、「いつになったら世界を変えるんだよ!」とよく言われる河村。活動を始めたのは19歳、ブログを書き始めたのは18歳ぐらいでしょうか?


それから何歳までに具体的な変化を起こせるのか?
これもまた公開実験の1項目です。


河村が寿命を迎える直前かもしれないし、明日かもしれない。
誰からもその結果を保証されているわけではない。

それでもやっていく、というのが起業家のやるべき努めだと思います。





前置きが長くなりましたが今日は河村の過去記事を振り返りたいと思います。前回の記事もURL貼っておくので気になる方は読んでいただければ↓

goldenage666.hatenablog.com




人生を遊ぶ─2013.04.20



人間が生まれてやらなければならないことなんて人生の使命とそこで培われる学びだけです。
社会的に色んな制約があるものの、使命と学び以外は義務や責任もなんもないのです。


じゃぁ何をするか、遊びでしょ!!人間もっと遊んでいいのよ!
何で皆さん遊ばないのでしょうか?

河村も社会に出たことはありませんのでとやかく言う口はないですが、人間が想像できることは実現可能な世の中です。無理なことなどありません。人間は本当に無限の可能性を持っています。
少しでも時間を作って自分のやりたいことをやりましょう。
デートするのも、趣味に没頭するのも、みんなでパーティーをするのも、
全て人生における大切な「遊び」です。

という訳で河村も今から遊んでこようと思います。
今日はオールだぁo(^▽^)o




人生における仕事は使命と学び。究極的には義務も責任もない。
5年前の河村の考えです。にしても記事から若さが伝わってくる(笑)


まぁ家族がいると考え方も変わりますが、ある意味間違ってもない。
究極的には人間は一人です。人生とは自分の使命と学びに集約されるとも思います。義務や責務は逃げ出そうと思えばいつでも逃げ出せる。


退職すれば会社に行く義務から開放されます。
子供がいなければ離婚すればパートナーからは開放される。


でもみんななんで行動を起こさないのか?



文句言いながらなんでしないのかといえば、
開放されることが怖いからでしょう。



子供の頃は親に生活のあらゆる部分で拘束されます。
家庭環境の差はあれど拘束されることで生活を保証されています。


大人になると両親からの拘束は一般的には解かれ社会に放り出されます。
子供の頃に比べて自由になれるとは言いませんが、親による拘束と生活の担保からは開放されることになります。



f:id:kawamura2419:20180630180332j:plain



開放される→自由になれる→守りがなくなる

サラリーマンの強さは拘束と引き換えに担保される社会的地位と生活の保証です。



それを失うことへの恐怖というのは誰にでもあるでしょう。
そういう恐怖を利用して今の社会は稼働しているので至極当然の話しではありますが。



開放されることへの恐怖。
しかし遊びたいならこの恐怖を克服しなくてはいけない。



遊ぶって無責任のように聞こえますが、
これからの時代は遊ぶことの難しさに直面することになります。



これは既出の話題でもありますけども、また別記事で詳しく書きます。



これからの時代に則して生きていくのであれば、遊びをマネジメントしていかないといけなくなります。



もっと遊ぶ。こんなに単純で難しい話はないと思います。


でももし今行き詰っていることがあればちょっと逃げてもいいかと。



今日で終わります…6月。
今年の前半が終わろうとしています。


まだ勝負は始まったばかり。




【コワーキングBar店舗情報】

Facebookページ
www.facebook.com

友だち追加でクーポン配信中!
【ID検索】
@ncl3785v

【タップで友だち追加】
友だち追加