黄金時代―GOLDEN AGE―

世界を変える男の活動記録

閉店決定!(笑)─河村ケンジロウ5回目の事業失敗と今後について

どうもこんにちは。
世界を変える男、河村ケンジロウです。





はい、タイトルの通り閉店が決定しました(笑)というか事業の失敗回数って何回なんだろう??19歳のときから延々失敗しかしてないのでもはや分からないレベル(゜o゜;




お店の方ですが、約2ヶ月間をやっていました。
まぁ信じられないようなトラブルの連続で…



今後の事業の継続性を考えると時間のロスになるなと思い辞めることにしました。

f:id:kawamura2419:20180704195913j:plain



そもそもなんで歌舞伎町に店を出すことになったのか経緯をお話すると、山梨での事業の頓挫は開業届を出す前でした。開業届を出さないと政策金融公庫の借金を一括で返済しないといけないというお話を行政の担当の人間から聞いており、何が何でも事業をやろうとしたのがきっかけです。


山梨から新宿に移って同じ業態なら融資はOKなのか??これについては公庫の担当者は結構曖昧な反応をしていました。上司に掛け合わないと最終的な結論は分かりません的なことを言っていました。


まぁとりあえず山梨の事業が失敗してしまって焦っている河村。こちらとしてはなんとしてでも事業を始めないといけないと考え、知り合い経由で新宿の社長から時間貸しという条件で箱を借りてお店をやろうとしたわけです。



その後かなり時間が経って政策金融の担当から、
「やっぱり融資資金は開業届けとか関係なく一括ですぐに返してください」と電話が…(笑)



うぉーい!それじゃ新宿で開業した意味ないじゃん(笑)
っていうのがここ2ヶ月位の話です(;´∀`)アハハ…



ちなみに政策金融公庫の人は河村とその当時一緒にやっていた相方が持ってきためちゃくちゃな創業計画書の融資を通すのに色々動いてくれた人なので感謝しています。河村の失敗は開業届を出す直前でポシャるというかなり珍しいケースのようで、一個人では判断できないことが多々あったそうです。





そして歌舞伎町へGO。
せっかく新宿でやるんだし、やれるだけやってみようと思いしばらくお店を頑張ってたわけです。



f:id:kawamura2419:20180316120143j:plain


だがしかしBut、お店をやる上で致命的なトラブルが月に何度も頻発。
これ以上は書いたら愚痴になってしまうので止めておきます(笑)




元々家賃をまかなえるだけの売上を立てる力もなかったままいきなりお店を始めたので、かなり無謀な挑戦だったと思います。自分個人の力不足でもあります。


f:id:kawamura2419:20180618181425j:plain




またこの物件は自分の考えている業態としては立地と家賃が高級すぎました。
コワーキングスペースならもっと安い条件でやらないといけない。Barとしてやるならもっと夜遅い時間も借りれるようにしないといけない。



そして歌舞伎町のど真ん中は普段歌舞伎町に来ない人間にとってはリスキーな場所でもある。



特に女性の場合は慣れてないと大変だと思います。河村がお店の前に立って呼び込みをしていた時なんかは、とんでもなくしつこいナンパやキャッチを何度も見かけました。



しかもそこで見かけたナンパ?なのか声掛けのお兄さんを駅のホームでも見かけたり…(笑)
駅の改札を通ってもずっと女性にくっついて腕とか握ろうとしている人がいたのです。




いやはや新宿はやべぇ…\(^o^)/
まぁ歌舞伎町はその中でも特に危ないなーという印象。








世界を変えるーと言って、ずーっと人が集まるコワーキングスペースのようなサロンの開業を夢見て走ってきました。失敗してもまだ次があると、色んな出資者や大家を敵に回しながら好き勝手やってきました(笑)



その根底にあるのは、社会を良くしたい。ただそれだけ。
食べ物に困っていたり、お金に苦労するのはもう時代遅れだと。



人間が本来苦労しなくてはいけないのはクリエイティブ分野における生みの苦しみであり、健康や住居、食べ物などの身体における物理的な苦労はもう時代にそぐわない。人類は新しいステージに上がらないといけない。




これらを解決する手段として河村が思いついのがコミュニティーでした。



大家族から核家族、そして独身生活と、個人になっていくほど生活費は上がり不健康な生活を強いられ人は弱くなった。この逆の流れを作り出して人のつながりを強化し、モノのシェアを促進させれば人は強くなり国民力が上がる。搾取されない構造を作り出す第一歩の鍵はコミュニティーの強化による人の強化だ!と、河村は考えていた訳です。



そして色々な経験をして山梨で事業を頓挫させ、残った資金で始めた新宿もやむなく閉業。
昨日もクラブに初めて潜入しましたが、





f:id:kawamura2419:20180713184317j:plain

f:id:kawamura2419:20180713184352j:plain

f:id:kawamura2419:20180713184452j:plain

(遊んでいた訳ではありません)








自分の限界ってこれか。







と感じました。
河村はこれまで限界を何度も突き破ってここまできましたが僕はこれ以上向こう側へ踏み出せない。このクラブの人間たちに混じって踊れないし声もまともにかけられない。つまりは営業力もセンスもないということです。



己の限界と持っている力を認識したという点では勉強しました。
まぁ就職活動においてはケツを拭く紙にもならないような学び…www


f:id:kawamura2419:20180713185134j:plain





真面目に生きるってなんなんですかね…
真面目に生きている人間が搾取されないようにしたくて頑張ってきたんだが…




自分には何が向いているのか分からない。

真面目にサラリーマンやって子供を大学まで行かせて一生を終えるのか、
これまでの生活を全部捨てて本名も改名してもう別の人間としてどこか遠いところで暮らそうか、





まぁこれまでやれることは全部やってきた。
たとえそれがどんなに未熟でアホなことでも。




やるだけやったのでとりあえず後悔はしてないです。
ブログは一応記録として残しておくか??(笑)



とりあえずまだ余命はあるので残った時間でまだ挑戦できれば何かします。まだアイツに対して敗北宣言をしたくはありません。

表面だけ良くて人を貶してのし上がった人間がトップにいてはいけない。





いつかアイツと入れ替わる。
必ず。





また事業思いついたらなんか始めます。これで本当にコーキングカフェバーの挑戦は終わった。ご迷惑おかけしてきました。協力してくださった皆様本当にありがとうございました。



とりあえずまだ命はあります。
それがせめてもの救いか(笑)



ではまた〜